顔のしみ

顔のしみはなぜできる?

顔のしみはなぜできる?なぜ消えない?

 

顔のしみはなぜできるのでしょう。一番の原因は、 紫外線と言われています。紫外線を浴びると肌はメラニンを分泌し、メラニンが過剰に分泌されることで、しみが出来てしまうのです。紫外線を日々浴びていると、その蓄積の結果、どうしてもしみが出来やすくなります。そのため、できるだけ紫外線を浴びないようにする対策が必要です。夏場などは特に顔を日光にさらさないよう注意が必要です。顔のしみは、ストレスでもできます。

 

ストレスが増えると活性酸素が大量に発生し、DNAを傷つけます。しみだけでなく、ストレスは、がん、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の引き金になるので注意しないといけません。女性ホルモンのバランスの変化により、しみができることもあります。女性ホルモンの影響を受けてできるしみは、女性特有のものですが、20代から40代にかけてよくできます。頬、額、口のまわりなどに、左右対称に広がるのがその特徴です。日頃の生活習慣も、顔のシミに影響します。不規則な生活は、お肌の大敵です。毎日、しっかり良質な睡眠を取れていないと、しみは居座り続けることになります。

 

美白肌になるには?


ホーム RSS購読 サイトマップ