顔のしみが出来る理由

紫外線以外の顔のしみが出来る理由

紫外線以外の顔のしみが出来る理由

 

顔のしみが出来る理由と言えば、代表的なのが紫外線です。しかし紫外線以外にも、顔のしみが出来る理由はあります。それは加齢です。
しみは30代くらいまではそうはできません。ところが、30代になるとしみが沢山出てきます。加齢によって年を重ねると、新陳代謝がどうしても衰えてきます。そうなるとターンオーバーが乱れ、メラニン色素の生成が優先されることから、しみを防ぐのが上手くいかなくなります。

 

加齢による顔のしみを防ぐには、肌の若々しさを保つスキンケアを心がけ、夜はしっかり睡眠をとる必要があります。ストレスも顔のしみが出来る理由の一つです。ストレスは、肌の天敵で、ストレスからしみができる人は少なくありません。
ストレスが溜まってくると肌のターンオーバーが崩れ、結果、ホルモンのバランスも崩れて肌の健康が損なわれ、しみになってしまうのです。顔のしみは、自律神経の乱れも関係します。

 

自律神経が乱れてくると肌の調子も悪くなります。気持ちが暗くなると自律神経に異常が生じ、口の周りのしみができたりします。自律神経が原因でしみが出来ている人は、いくらしみ取り化粧品を使って治せません。

 

 

シミを軽減する化粧品

 

大人ニキビを解消するためのスキンケア知識としては、何より洗顔が大事です。肌の乾燥が大人ニキビの原因だからです。乾燥でできてしまった大人ニキビを治すには、乾燥肌の改善が一番です。乾燥肌を改善するには、洗顔料に注意が必要です。油分が含まれるものや合成界面活性剤使用の洗顔料は控え、ぬるま湯で優しく洗うことです。刺激を与えないよう、丁寧に優しく汚れを落としましょう。その後は、保湿力の高い化粧水でしっかり保湿することが大事です。化粧水はノンオイルのタイプを選びましょう。大人ニキビを解消するための知識で忘れてはならないのが、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまわないことです。思春期ニキビのケアと同じように洗顔すると、大人ニキビの場合、皮脂を取りすぎてしまいます。洗浄力の強い洗顔料は使用しないことです。肌に必要な油分まで取り除くと、肌の防御機能が働いて皮脂が過剰分泌するので注意しないといけません。大人ニキビは、炎症をおさえて一時的にニキビがなくなっても、皮脂が過剰に分泌されると解決できません。皮脂が過剰分泌しないよう刺激の強い化粧品は避け、肌に優しい物を使って健康的な肌へ導きましょう。

 

http://背中ニキビ原因・.com/

続きを読む≫ 2015/11/16 17:12:16

 

顔のしみはなぜできるのでしょう。一番の原因は、 紫外線と言われています。紫外線を浴びると肌はメラニンを分泌し、メラニンが過剰に分泌されることで、しみが出来てしまうのです。紫外線を日々浴びていると、その蓄積の結果、どうしてもしみが出来やすくなります。そのため、できるだけ紫外線を浴びないようにする対策が必要です。夏場などは特に顔を日光にさらさないよう注意が必要です。顔のしみは、ストレスでもできます。

 

ストレスが増えると活性酸素が大量に発生し、DNAを傷つけます。しみだけでなく、ストレスは、がん、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の引き金になるので注意しないといけません。女性ホルモンのバランスの変化により、しみができることもあります。女性ホルモンの影響を受けてできるしみは、女性特有のものですが、20代から40代にかけてよくできます。頬、額、口のまわりなどに、左右対称に広がるのがその特徴です。日頃の生活習慣も、顔のシミに影響します。不規則な生活は、お肌の大敵です。毎日、しっかり良質な睡眠を取れていないと、しみは居座り続けることになります。

 

美白肌になるには?

続きを読む≫ 2015/06/19 14:01:19

ホーム RSS購読 サイトマップ